徒然日記 Part2

2017.05.31更新

メタボリックシンドロームは、多くの生活習慣病のきっかけとなりうる身体の変化で、本来燃焼されるはずの脂肪が体内に残り、高血圧や糖尿病などを引き起こします。当然メタボをそのまま放置してしまうと、生活習慣病の発症リスクが高まるので、目に見えてメタボの兆候が現れたときは、早めに治療をはじめていきましょう。

メタボかどうかを調べるためには専用の検査を受ける必要があります。血液中の脂肪などを調べたり、CTスキャンで脂肪のつき方をチェックすることで、生活習慣病になる可能性も知ることが出来ます。そしてメタボだと判断されたときは、食事療法や運動療法で治療します。

食事療法は、必要以上に摂取している脂肪分などを減らし、内臓脂肪の増加を防止するために運動療法として普段から定期的に身体を動かす習慣をつけていきます。いずれも生活習慣病対策には欠かせない治療で、医療機関でも食事メニューの提案や、簡単に出来る体操などの運動法を指導して、治療を進められるよう支援します。

食事療法も運動慮法も、個人で行えないことはありませんが、効率の良いトレーニングの方法や食事メニューを一から考える必要があります。その分の時間も勿体ありませんし、第三者の目があることがモチベーションにもつながるので、やはり専門家のサポートは必用でしょう。

メタボを改善し体型を維持するのは大変ですが、出来ないことではありません。これからの健康のためにも、大阪府堺市にある当院で検査や治療を受けましょう。

投稿者: 医療法人いぶき会 さかぐちクリニック

2017.05.25更新

年齢を重ねるごとに、生活習慣病になるリスクは高まってくるといわれていますが、糖尿病や動脈硬化は生活習慣病の中でも代表的な症状として知られています。発症する原因としては、脂肪分の摂りすぎやアルコール、運動不足など挙げられ、加齢によって代謝機能が衰えてくると、さらに発症リスクが高まるといわれています。

糖尿病と動脈硬化の怖いところは、初期段階では症状が目立たない点にあり、そのせいで治療が遅れたり、他の病気になることが多いといわれています。この問題を解決するためには、定期的に検査を行いながら健康状態をチェックし、普段の生活の中で生活習慣病を予防できる生活習慣を身に付ける必要があります。

そのためにも、大阪府堺市にある当院に通い、定期健診や生活習慣の指導を受けてみてください。糖尿病や動脈硬化症は、生活習慣の乱れによって引き起こされることが大変多いので、検査の際は血液検査などで病状を確認するとともに、普段の生活についての問診も行います。

いずれも問題なければ、現状を維持してもらうだけで病気を防止できますが、検査結果や現在の生活スタイルに問題があれば、生活指導を行って症状の改善や予防に努めます。そのためには食事制限を行ったり、毎日運動を行うなど苦労することも多いですが、そうした苦労を重ねなければ、最悪命にかかわる病気になるので、問題が起きないよう努めましょう。

生活習慣病は、一度発症すると治療が非常に困難な病気です。命にかかわる事態に陥らないためにも、大阪府堺市にある当院で検査するようにしてください。

投稿者: 医療法人いぶき会 さかぐちクリニック

2017.05.18更新

運動不足やお酒の飲みすぎなど、様々な理由で現れる生活習慣病ですが、多くの生活習慣病は症状が現れにくく、発見が遅れることが多々あります。

高血圧は代表的な生活習慣病の一つで血圧の数値が高く、血管に強い負担を与えるものです。高血圧の厄介な点は、目立った症状が何一つ現れないことにあり、そのせいで発見が遅れ、脳や心臓を通る血管に強い負荷を与え続けた結果、別の病気に発展することも多いものです。

高血圧がきっかけで発症する病気には、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症に脳出血など、命にかかわる病気がたくさん存在するため、命を守るためにも高血圧対策をしておきましょう。高血圧対策は、専門家の下で一度検査を受けてから行うことをおすすめします。

大阪府堺市にある当院では、生活習慣病についての検査を実施しており、血圧のチェックと同時に血管などに異常がないかも調査します。血圧の変動は血圧計などでも調べられますが、その後の治療については知識が無いと難しいものです。血圧の状態に合わせて、食事療法や運動療法など、状況に合わせた治療法を指導していきます。

また高血圧ではないものの、血圧の数値が高くこのまま放置しては高血圧になるという方も、あらかじめ指導を受けて血圧を正常な値に出来るように生活習慣を改善しましょう。一度乱れた血圧を正常に戻すのは大変ですが、やればやるだけ身体への負担は減り、病気の発症リスクも大幅に抑えることが出来ます。

血圧の値が気になる方は、この機会に大阪府堺市にある当院に足を運んでみてください。

投稿者: 医療法人いぶき会 さかぐちクリニック

2017.05.11更新

脂肪質やアルコールの摂りすぎ、運動不足など、生活習慣の原因は様々です。健康的な生活を心がければ、十分予防できますし、初期症状のうちは改善も出来ますが、生活習慣病は非常に気づきにくいという特徴があります。

動脈硬化や高血圧など、生活習慣によって引き起こされる症状は、初期のうちは体調の変化は見られず、症状が進行するころには、糖尿病や脳梗塞など、命にかかわる病気に発展することが多々あります。症状が現れないせいで予防も行わず、発症リスクをどんどん増やしている方が多いのです。

やはり、もしものことも考えて、定期的に健診を受けることをおすすめします。生活習慣病の定期健診では、血管の状態や血液中の不純物などをチェックして、生活習慣病になっていないか、発症リスクがどれだけあるかを調べます。もし問題が確認された場合は、食事制限や運動といった治療を行い、すでに糖尿病などの病気が確認された場合は、早急に治療を行います。

定期健診を受ける際に気をつけて頂きたいことが、定期健診だけで安心してしまうことです。

健診を受ければ病気は早期発見できますが、そもそも健診を受ける前から健康を意識すれば、生活習慣病を心配する必要はありません。定期健診を受ける際は、結果に一喜一憂するだけでなく、健康維持のための生活を考えるべきです。

定期健診を行う病院の多くは、生活習慣の指導も行っているので、そちらを常に実践することで、生活習慣病を予防できるようになります。大阪府堺市にある当院では、生活習慣病対策に力を入れています。体調が気になるという方はぜひご相談ください。

投稿者: 医療法人いぶき会 さかぐちクリニック

2017.05.02更新

生活習慣病は日ごろの不摂生が原因で起きることが多い病気です。

 

糖尿病や高血圧症など、さまざまな症状がありますが、いずれも糖分や脂分の取りすぎや、運動不足が原因で発症することが多く、特に中年層に入る方が発症しやすいとされています。さらにお酒の飲みすぎや喫煙により、腎臓や肺などの内臓の働きを衰えさせ、生活習慣病のリスクを引き上げる方も非常に多く、生活習慣の改善が強く求められています。

 

生活習慣病になりやすい方は、仕事柄体を動かす機会が減ったり、加齢により代謝機能が衰えた方が多くなっています。そのような生活を送っていても、表面上は問題なく過ごせているように見えますが、実際には体内では動脈硬化や血管の詰まりなど、徐々に身体への負担が重なっています。

 

生活習慣病の怖いところは、症状がほとんど見えず、気がついた時には状況が深刻化している点です。脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる症状が出てからようやく気づくケースも多くなっています。深刻な事態に陥らないためにも、定期健診と生活習慣の改善は絶対に欠かせません。

 

生活習慣病のほとんどは、野菜を多く採り、塩分や脂肪分を減らす食習慣の改善や、定期的な運動、禁酒、禁煙など、さまざまな生活習慣の改善で予防することが出来ます。初期症状であれば、完璧に治療することも不可能ではないため、なるべく早く治療を受けるべきです。

 

もし現時点で自覚症状が無くても、普段の生活習慣で不安な要素があれば、検診を受けて生活習慣について専門家の指導を受ける事をおすすめします。大阪府堺市にある当院では、生活習慣病に関するさまざまな検査やケアを行っています。ぜひお気軽にご相談ください。

投稿者: 医療法人いぶき会 さかぐちクリニック

  • 医療法人いぶき会さかぐちクリニック
  • 徒然日記 part2
  • 医療法人いぶき会 さかぐちクリニック Facebook